海月姫 映画の動画を無料で見る方法を紹介!月9でドラマ化も!

0
193 ビュー

海月姫が1月15日から月9ドラマでスタートします。芳根京子さんが主演しますが、能年玲奈(のん)が主演の映画の海月姫があるのもご存知でしょうか?そして原作は漫画です。

この映画の海月姫の動画を無料で見る方法がありますのでご紹介していきますね!

海月姫の映画の動画を無料で見れる方法がある?!

月9ドラマの海月姫を見たら、映画の海月姫も見たくなってきますよね^^

 

わざわざレンタルするのもあれだし、ネットで気軽に見たいって思うのはあなただけじゃないです。

 

今なら、U-NEXTという動画配信サービスで映画「海月姫」が配信されているんですよ。

 

U-NEXTは、

・ポイントが必要な映画・ドラマ、

・見放題の映画・ドラマ、

の大きく2種類があります。

 

今なら嬉しいことに「海月姫」は見放題として配信されていますので、登録すれば完全無料で見ることができます!!

 

登録にはクレジットカードが必要ですが、3分もあれば登録が終わります!

 

ずっと無料で見れる分けではなく、「31日間お試し無料」になります。

 

でも、31日間無料で楽しんで、31日の間に解約すれば費用は掛かりませんのでご安心ください。

U-NEXTはとっても楽しいサービスですが、継続したくなければしっかり解約手続きは忘れないようにしてくださいね。

 

クリック⇒ お試し無料で映画の海月姫を見る

 

U-NEXTは楽しいこといっぱい!

とりあえず、海月姫はU-NEXTで見ることができるのですが、、、

せっかく31日間お試し無料なら、とことんU-NEXTを楽しんじゃいましょうね~~!

 

U-NEXTは、

・120,000本以上の動画が配信!

・雑誌も70冊以上読み放題!

・スマホ、パソコン、タブレットで見れる!

・端末は4台まで!同時にも見れる!

・お試し登録で600ポイントもらえる!

・男性に嬉しいアダルトも豊富!(女性もok)

 

ポイント制の動画も多いのですが、お試し登録でも600ポイントもらえるのが特徴です。

 

このポイントを使えば、新作や最新ドラマの見逃しも見ることができるんです。漫画も読めちゃいますよ^^

 

U-NEXTを継続する場合は、1990円かかりますが、毎月1日に1200ポイントが付与されます。

 

本来お金がかかるものを考えたら、790円で利用できるっていう考えかたもできます。

 

もしも31日間お試しして、U-NEXTを気に入ったら続けてみてくださいね。使ったらこりゃいい!!っていうサービスですから(笑)

 

クリック⇒ お試し無料で映画の海月姫を見る

 

海月姫のあらすじは?

漫画、映画、ドラマの基本的なあらすじは一緒です。

 

ただ映画とドラマで大きく違うのはやはり役者さんですよね。

 

原作が漫画になりますので、原作イメージを抱いている方には映画の役者にがっかりしたり、ドラマの役者にがっかりしたり、ですよね^^;

 

月9ドラマも配役に沸いたり、残念がったりもありました。是非両方見て面白いほうをあなたで決めてみてください^^

イラストレーターを志して上京したクラゲオタクの月海(つきみ)が住むのは、風呂・トイレ共同、男子禁制の昭和レトロな外観のアパート「天水館(あまみずかん)」。住人は皆腐女子で、みな実家からの仕送りのみで生計を立てる所謂ニートである。天水館に住む資格として「オシャレ人間は天敵」「人生に男を必要としない」などというモットーを立て更には自分達を“尼〜ず”と称し、外部との接触を避けてまったりと楽しいぬるま湯のような日々を送っていた。

ある日、月海は行きつけのペットショップで、誤った飼育方法で死にかけているお気に入りのクラゲを救出すべく、店員に交渉を試みるも、生来の対人下手からうまく説明できずに相手にしてもらえない。そこに偶然通りかかった美女が事情を聞き、月海に代わってクラゲを助けてくれた。月海は深く感謝するが、誰が見ても見とれるほどの美貌を備えたその美女は、実は近所に邸宅を構える政治家一族の次男坊であり蔵之介という名の女装趣味のれっきとした男性だった。

天水館や月海を気に入った蔵之介は、男子禁制であるため気が気でない月海の迷惑には無頓着ながらも一応男性であることを隠して頻繁に出入りするようになる。やがて、自分を醜く「普通の女の子ではない」と思い込み、おしゃれには無縁な月海を美しく変身させる事に没頭し出す。言われるがままにおしゃれを施され、まるで別人の様に見違えるも不慣れさに戸惑うばかりの月海だったが、蔵之助の兄である修に初めての恋心を抱き、胸の痛みやとまどいを覚えるようになる。

そんな中、土地再開発による天水館取り壊しの危機が訪れる。大切な場所を失うかも知れず、かといって他に行く当てもないのに相変わらず他力本願で自分達の手で天水館を守ろうとしない、出来ない尼〜ずに業を煮やした蔵之介は「泣き寝入りかよ!」と一喝、デベロッパーの担当者である女狐の稲荷に対し「立ち退く気はない、我々が天水館を買い取ってオーナーになる」と宣言し、対立するようになる。

蔵之介は、月海がデザインした「クラゲをモチーフにしたドレス」を作り、ファッションブランドを立ち上げて、その売上で天水館を買い取ろうと行動するが、思わぬ障害が待ち構えていた。

 

クリック⇒ お試し無料で映画の海月姫を見る