西郷どん キャスト 西郷琴(こと)役を演じる子役は誰?(幼少期)

NHK大河ドラマ「西郷どん」の西郷家の長女、西郷隆盛(吉之助)の妹、西郷琴(こと)がいますが、この西郷琴の幼少期を演じる子役は誰なのでしょうか?とってもかわいい女の子ですよね。

西郷どん 西郷琴の子ども時代を演じる子役は誰?

西郷吉之助の妹、西郷琴を桜庭ななみさんが演じられますが、幼少期の子ども時代を演じるかわいい女の子は、

 

栗本有規(くりもとゆき)ちゃんです!

 

栗本有規ちゃんも、大久保利通の幼少期の正助を演じる石川樹くんと同じ、テアトルアカデミー所属の子役さんです。

 

生年月日は、2006年12月25日で、現在12歳です。

(2018年1月時点)身長は144㎝です。

 

栗本有規ちゃんは、NHKの大河ドラマは「江〜姫たちの戦国〜」「軍師官兵衛」(加代役)にも御出演されていて、今回が3回目の大河ドラマ出演です。

 

最近では、2017年の秋ドラマ「明日の約束」にも出演、映画「永遠の0」などにも出ています。

 

 

CMも多数で、経験豊富の子役、栗本有規ちゃんですね^^

西郷琴(こと)の役柄は?!

西郷家の長女、吉之助の妹。

何かとトラブルを起こす兄にあきれながらも、幼い弟妹の面倒を引き受け、家計のやりくりに奔走するしっかり者。

嫁入りしても何かと西郷家を気にかけ、兄を慕い、支え続ける。

 

スポンサーリンク

西郷どんの原作も読んでみたいあなたに

林真理子さん原作の西郷どんは上・中・下で発売されています。

大河ドラマも良いですが、小説で読む良さもありますのでご興味があるかたは是非読んでみてください^^

 

シェアしてドラマを盛り上げよう!
Share This Post