韓国ドラマ【秘密】13話&14話あらすじと感想は!?

韓国ドラマ【秘密】の13話目、14話目のあらすじと感想をご紹介します。

前話からユジョンとミニョクに気持ちの変化が出てきてしまいました。13話、14話でもミニョクは復讐の念が強くなっていきます。すべての秘密は解決されるのでしょうか。あと4話目が話せませんよ。

【秘密】11話&12話のあらすじはこちら

韓国ドラマ【秘密】第13話のあらすじ

ユジョンを車で送ったミニョクは、真剣な気持ちを伝えるためキスをするも、ごまかし立ち去ってしまうユジョン。ミニョクのユジョンに対する気持ちが真剣であることを確信したセヨンは、当てつけのようにドフンと親密になっていきます。

怪我が原因で高熱に苦しむミニョク。グァンスからの連絡で看病に駆けつけたユジョンは、ミニョクから、亡くなった母親のことを教えてもらいます。母親のことで自分を責めてきたミニョクは、ユジョンの優しい言葉に励まされ感謝するのでした。

ジェハが、ミニョクからの謝罪を要求していると、ドフンから知らされたユジョン。ミニョクには内緒でジェハに会いに行き、一人で跪いて謝罪をするユジョン。ドイツでの手術が成功し、帰国したチョ会長とインジュは、四年前のひき逃げ事故をミニョクがまだ捜査していることを知ります。

チョ会長に呼び出され、ミニョクとこれ以上関わらないようにと忠告を受けるユジョン。追いかけてきたミニョクですが、これ以上ユジョンを苦しめないために、自ら立ち去るのでした。ジヒの納骨堂を訪れ、写真に語り掛けるユジョンは、涙ながらにミニョクへの気持ちを話します。

納骨堂からの帰り、バス停でバスに乗り込もうとするユジョンを後ろから抱きしめるミニョクの姿がありました。

韓国ドラマ【秘密】第14話のあらすじ

ジヒの納骨堂を訪れ、彼女の写真に向かって、涙ながらに謝罪とミニョクへの思いを伝えたユジョン。

時を同じくして納骨堂を訪れたミニョクもまた、ジヒの写真の前で、ユジョンへの気持ちを伝え、ジヒに許しを請うのでした。お互いの気持ちを確認しあった二人。家族の前で、セヨンとの結婚の破棄を宣言し、ユジョンを選ぶと父に告げたミニョク。

息子のユジョンへの気持ちが真剣であると確信したチョ会長は、ユジョンのことが知りたくなり、会長の弁護士であり、グァンスの兄でもあるグァンミンに詳しく調べさえることにします。

どうしてもミニョクのことが諦めきれないセヨンは、これまで以上にミニョクを追い込む作戦を考えることに。会社の貸金庫の鍵をミニョクに差し出すグァンミン。ドフンが会社の脅威になるような不審な動きをしたときのために、彼を追い落とすための資料が、秘密裏に用意されているのでした。

それらの資料から、ドフンとセヨンの裏のつながりを知ったミニョク。詰め寄るも、全く動じないセヨン。一方、強い復讐心にかられ、ドフンを法廷に立たせ、自らの罪を認めさせたいと思っているユジョンは、告訴状を手にドフンの家を訪れます。

状況が理解できないドフンの父イナンと、ユジョンの行動に慌てるドフン。ミニョクやユジョンの捜査によって追い詰められたドフンと、どんな手を使ってでもミニョクを手に入れたいセヨン。極限まで追い込まれた二人は、危険を承知でミニョクを追い落とす作戦にでるのでした。

 

韓国ドラマ【秘密】第13話&第14話の感想について

ジヒの納骨堂に行ったユジョンと、時を同じくして訪れたミニョク。

ジヒに対する申し訳なさと、お互いに対する真剣な気持ちを共有している二人です。天国の彼女も許してくれるに違いないですね。復讐に燃えていたミニョクが、ユジョンを好きになったことで穏やかになってきた半面、ユジョンがどんどん復讐の鬼になっていくのが、見ていて少しつらいです。

早く、元の天真爛漫なユジョンに戻って欲しいですが、ドフンの悪事が公になるまでは無理なのでしょうか。ミニョクのユジョンに対するストレートな愛情表現は、とっても素敵ですね。

残すところ、あと二話。全ての秘密が解決されて、幸せになるべき人に幸せが訪れますように。

[box lightpink #fdf7fd]秘密はU-NEXTで見放題配信されています!

U-NEXTにお試し登録すれば無料で31日間利用することができます。秘密は【見放題】で配信されていますので、1話から最終話まで無料で見ることができますよ^^

見終わったら解約すれば費用はかかりませんのでご安心を♪

⇒ U-NEXTの登録はこちら

[/box]

【秘密】11話&12話のあらすじはこちら

【秘密】15話&16話のあらすじはこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスをご確認ください。*と部分はすべて記入してください

これらのHTMLタグと要素を使うことができます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Thanks for submitting your comment!