韓国ドラマ【キルミーヒールミー】11話&12話のあらすじネタバレと感想は!?

韓国ドラマ【キルミーヒールミー】11話&12話のあらすじネタバレと感想をご紹介しています。

【キルミーヒールミー】のフル動画を無料で見る方法もご紹介しています。多重人格の苦悩ははかり知れませんが、ところどころ笑わせてくれるドラマです!

キルミーヒールミー1話&2話のあらすじ感想はこちら

キルミーヒールミー3話&4話のあらすじ感想はこちら

キルミーヒールミー5話&6話のあらすじ感想はこちら

キルミーヒールミー7話&8話のあらすじ感想はこちら

キルミーヒールミー9話&10話のあらすじ感想はこちら

韓国ドラマ「キルミーヒールミー」第11話のあらすじ

ドヒョンの父親ジュンピョを殺そうと、彼の病室に行き酸素マスクに手を伸ばすシン・セギ。

しかし、SPが来た時には二人の姿はありませんでした。ドヒョンが幼い頃に虐待を受け、それが多重人格の原因となっているかもしれないと考えるリジン。

リオンによって実家に連れ戻されたリジンですが、リオンを説得してドヒョンの家に戻ります。リジンが戻ったことで安心し、ようやく眠りにつくことができたセギ。

翌日から、リジンとアン室長とともに、セギはドヒョンのふりをしたまま出社します。怒らない、暴力をふるわないというリジンとの約束を守り、無事仕事をこなしていくセギでした。

実家を抜け出したことがばれてしまい、母親に呼び戻されるリジン。ふと覗いたリオンの部屋で目にしたもの、それはドヒョンに関係する資料でした。驚くリジンに理由を聞かれるも、答えられないリオン。

いっぽう、会長から呼び出され、会長宅へ向かうセギとアン室長。そこでセギは、21年前の火事のこと、地下室でリジンが虐待されていたこと、そのことにジョンピョが関わっていたこと、全てを記憶していると会長に伝えます。

車で家に帰る途中、過去の出来事を思い出し、苦しみ始めるセギ。そして、人格交代の症状が現れます。

韓国ドラマ「キルミーヒールミー」第12話のあらすじ

セギから人格の戻ったドヒョンは、過去の記憶を取り戻していました。

地下室で幼い自分に暴力をふるう父ジュンピョ、そしてそこにいる自分以外の誰か。しかし、そのもう一人の誰かを思い出すことができません。

セギが人質にとったジュンピョを取り戻し、ドヒョンを責するも、彼の様子があまりにも違うことに困惑する会長。そして、ドヒョンの資料をリジンに見られるも、何とかごまかすリオンでしたが、彼もまた更なる秘密を抱えているようです。

家に戻ったドヒョンと、セギから戻ったドヒョンを見て安心するリジン。ドヒョンはアン室長に、21年前の火災についての調査を依頼します。

セギが起こした行動により、ギジュンとチェヨンの関係も悪化していました。セギの誘惑で気持ちが揺れるチェヨンでした。呼び出しを受け、会長宅を訪れるドヒョンとリジン。

すでに多重人格のことを調査済みの会長は、ドヒョンに韓国から離れアメリカへの渡航を指示しますが、韓国に残り、過去の真相を調査すると話すドヒョンです。

そして、一緒に会長宅を訪れており、ワインを取りに地下室に向かったリジン。そこで、幻覚に襲われたリジンは、失っていたはずの幼い頃の記憶を取り戻していきます。

韓国ドラマ「キルミーヒールミー」第11話12話の感想

失われていたドヒョンの幼い頃の記憶が徐々に明らかになってきました。

ドヒョン本人は思い出せなかった記憶も、セギがリジンと一緒に過ごすことによって解き明かされてきたので、それだけリジンの存在は大きく、過去にも深いつながりがあったことが予想されます。

セギがリジンだけに見せる弱い部分は、恐れることなく真正面からセギに向かい合ってくれるリジンへの信頼感の現れでしょうね。

そして、徐々にセギと仲良くなっていくリジンに嫉妬するドヒョンも可愛いです。ようやくドヒョンに戻ったのに、それを信じないリジンと、彼女の振る舞いを見て笑顔するドヒョン、このまま幸せになってほしいと思わせる二人ですが、過去の出来事がどう影響してくるのか心配でたまりません。

過去の出来事と正面から向かい合おうとするドヒョン、回を重ねるごとにドヒョンがどんどん魅力的になってきます。

 

キルミーヒールミー1話&2話のあらすじ感想はこちら

キルミーヒールミー3話&4話のあらすじ感想はこちら

キルミーヒールミー5話&6話のあらすじ感想はこちら

キルミーヒールミー7話&8話のあらすじ感想はこちら

キルミーヒールミー9話&10話のあらすじ感想はこちら

コメントをどうぞ

メールアドレスをご確認ください。*と部分はすべて記入してください

これらのHTMLタグと要素を使うことができます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Thanks for submitting your comment!