韓国ドラマ【オーマイビーナス】13話&14話のあらすじと見どころはここ!

2015年末~2016年初にかけて本国で放送された韓国ドラマ「オーマイビーナス」の13話と14話のあらすいと見どころをご紹介します。

事故に合ったりあわただしい感じが続くオーマイビーナスですがもう13話です。問題はあるもののジュウンとヨンホも良い関係を維持して、ウシクとスジンもイイ感じになってくれています。最終回に向けてどのようになっていくのか楽しみですね!

オーマイビーナスの13話と14話の見どころ、あらすじ、そして無料で動画を視聴する方法をご紹介します。

オーマイビーナス第13話の見どころはここ!

オーマイビーナスの13話の見どころです。

[box lightpink #fdf7fd]

  • 命を狙われたヨンホは一体どうなる?
  • ヨンホと連絡とれないジュウンが起こした行動は…。
  • ついにジュウンとスジンが和解?!

[/box]

オーマイビーナス13話のあらすじは?

怒り狂ったチェ理事はヨンホの居場所に向かう。

ヨンホがいるから妹と甥がひどい目にあっていると思い込み、ヨンホの車を見つけて後を追う。こうなったら誰にも止めることができない。

一連の流れを見ていたミン室長は、ヨンホの危険を察知し、急いでヨンホに連絡をし、自宅にいるよう命じる。しかし、ヨンホは母親に会うためジュンソンに車を貸したことを思いだし、慌てて外に出る。ヘランも兄が何をするか分からないと、後を追っていた。

このあと誰もが予想したくない出来事が起こる。怒り狂うと何をするか分からないから恐ろしい。周りを巻き込み、また自分の大切なものも危険にさらす。ジュウンもヨンホの身に何かあったのではないかと嫌な殺気を感じる。

ジュウンはヨンホに電話しても繋がらず不安になる。そして連絡がとれない日々が続いていく。

クリスマスに事故にあったヨンジュンは目を覚ました。

自分がいることによってみんなを困らせていると思い、自分を責め自殺しようとしたのだ。その事を聞いたチェ理事は自分のやったことに対してさらに後悔した。

この回はジュンソンと母親、ジュウンとスジンなどそれぞれの話も進み、見どころたっぷり。
思ってもみない展開に開いた口が塞がらなかった。果たしてどういう展開になるのか。

 

オーマイビーナス第14話の見どころはここ!

[box lightpink #fdf7fd]

  • ジュウンは事故以来会えずにいるヨンホと再会できるのか。ヨンホの足は…。
  • ジュウンのヨンホの想う気持ちにグッときます。もちろんヨンホがジュウンを想う気持ちも!
  • クリスマスパーティーに参加したくなる!楽しそう!ミン室長が可愛い。

[/box]

オーマイビーナス14話のあらすじは?

事故以来会っていないジュウンとヨンホ。ジュウンは仕事とトレーニングに没頭しながらもヨンホのことを毎日考えメッセージをいれる。

ヨンホは懸命にリハビリを続け、回復に向かう。その際一切ジュウンからのメッセージを見ず、連絡もとらなかった。ヨンホらしい。

ついに再会の時。治療していたアメリカから帰国した足で、ジュウンに会いに行く。ヨンホは歩けるようになっているのか。

長い間離れていたはずなのに、それを感じさせないところが良い。お似合いの2人。

別の2人スジンとウシクは仲直りし、一緒にクリスマスを過ごす。そしてウシクはスジンとずっと一緒にいるとプレゼントを差し出す。

ジュウンに会った後は、祖母と父親の元へ。2人はヨンホの帰りを喜び、家族水入らずの時間を過ごす。祖母の笑顔、父親の安堵した顔、やっぱり家族だなと安心しました。

ヨンホが戻ってきたのは、クリスマス。ということはヨンホのお誕生日、そして回復帰国をお祝い。また賑やかなクリスマスを過ごす。ヨンホは周りのみんなから本当に愛されていることが伝わってくる。

今回は落ち着いた回だったが、クライマックスに向けてどうなっていくのか注目です。

 

オーマイビーナスの動画無料視聴方法について

オーマイビーナスはFODという動画配信サービスで視聴するのがおすすめです。

FODプレミアムは1カ月お試し無料があり、オーマイビーナスもこのFODプレミアムで見放題作品になっています。

ですので登録すれば全話の動画を無料視聴可能です。

詳しくは↓の記事でご紹介しています。

韓国ドラマ【オーマイビーナス】の無料動画(日本語字幕)で全話一気見する方法について

コメントをどうぞ

メールアドレスをご確認ください。*と部分はすべて記入してください

これらのHTMLタグと要素を使うことができます。: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

Thanks for submitting your comment!