ごめん愛してるのピアノ曲名は?坂口健太郎が1話目で弾いてた曲!

ごめん、愛しているでコンサートシーンで坂口健太郎さん演じる日向サトルがピアノを弾くシーンがありましたね。

コンサート会場のロケ地は韓国のようですね。

ピアノの曲は2曲弾きましたが両方ともショパンの曲です!

スポンサーリンク

ごめん愛してるで日向サトルが弾いてたピアノの曲は?

 

コンサートのピアノの少し激しい曲はショパンの「革命」です。

 

ショパンはエチュードという練習曲をたくさん残しましたが、12曲からなるエチュード集、25曲からなるエチュード集があります。

 

ごめん愛してるで坂口健太郎さん演じる日向サトルが1曲目に弾いていた曲は、12曲の10番目の革命のエチュードです。

 

この曲は左手の練習曲で、激しい左手の動き、怒りをぶつけるような右手のメロディが印象的ですね。

2曲目は、さらっと前半だけ流れて、あとはスタンディングオベーションにシーンが切り替わりましたね。

 

その時に弾いていてた曲は、こちらも同じショパンのワルツの1番です。

 

正式の名前は「ワルツ 第1番 変ホ長調 Op.18」で、『華麗なる大円舞曲』と呼ばれています^^

 

スポンサーリンク